東京から大阪への出張を極力お得にする方法を調べてみました!
裏ワザを先に見る

大雑把なまとめ

最初にまとめるとこんな感じです。まずは移動。

手段 価格 差額 早さ 快適性
新幹線(通常の切符) 14,450円
新幹線(EX-IC) 13,370円 1,080円
新幹線(EX-IC早得) 12,340円 2,110円
新幹線(ぷらっとこだま) 10,300円 4,150円
高速バス 3,000円程度 11,500円程度

東京大阪間を移動する場合、早さ・快適さ・安く付けること、どれを優先するかによって選択肢が変わってきます。早さを優先するなら断然新幹線ですが、新幹線の中でも複数の選択肢があります。

新幹線

まずは新幹線。東京大阪間の新幹線移動なら、安さと利便性のバランスが最も優れているのがEX-IC。申し込みはこちら
IMG_1851
紙の切符よりも少なくとも1000円程度お得。しかも、一番早いのぞみよりもほんのちょこっと、10分~20分程度遅いだけのひかりとかだと早得で3000円程度お得な便もあります。往復なら3000円*2で6000円お得

高速バス

いや!3000円程度お得なんて甘い!もっとお得な手段はないの?という方なら、高速バスも選択肢に入るでしょう。ウィラートラベルの高速バスが有名ですね。3000円程度からあります。紙の切符で新幹線に乗る場合の金額は14450円ですから、実に11,500円の差です。これはすごい。往復なら11,500円 * 2 = 22,900円の差です。

ただ、高速バスが出張の実用に堪えるかというとちょっと怖いかもしれません。というのも、遅れた時の言い訳がしづらいからです。新幹線が止まって遅れたのなら相手も納得してくれるでしょうが、旅費をケチって高速バスを選んだ挙句に遅れたとなったら相手は怒るでしょう。

そこで提案したいのが、行きは新幹線、帰りは高速バスという選択です。行きはぷらっとこだまで新幹線に乗り、帰りは高速バスに乗る。これだと紙の切符で新幹線を往復使用した場合と比べると、4,150円 + 11,500円 = 15,650円の差です。しかも安心して出張できる。最強。

宿をお探しの方は、姉妹サイトshuccho.jp(出張ドットジェーピー)の新大阪駅近辺著名ホテルチェーン一覧をご参照下さい。じゃらん経由で予約もできます。

裏技!

実は、上記以外にも裏ワザと言える方法もあります。それは、パック旅行を使うこと。パック旅行って、交通手段と宿泊がセットになってるじゃないですか。あれのビジネス向けのがあるんです。

有名なのが日本旅行の赤い風船。切符と宿をセットで取ることができます。東京から大阪だと、最安値でだいたい21,000円くらいです。この金額で切符と宿とがセットになっています。普通に新幹線の切符を買うと往復だけでだいたい28,900円かかります。宿を7,000円とすると総額35,900円。差額は14,900円。これだけ差があると大きいですよね。

ただし、この裏ワザには注意点が2つあります。

まず1つ目は、[sc:urawaza_chuui_shinkansen_kodama]

2つ目ですが、[sc:urawaza_chuui_ryousyuusyo railway_or_plane="鉄道会社"]

日本旅行の赤い風船。是非検討してみて下さい!