仙台から名古屋への出張を極力お得にする方法を調べてみました!

大雑把なまとめ

最初に移動手段をまとめるとこんな感じです。

仙台~名古屋の移動手段一覧
経路 運賃 差額 早さ 快適性
新幹線(通常の切符) 20,030円
新幹線(えきねっとトクだ値+EX-IC) 20,080円 -50円
新幹線(お先にトクだ値+EX-IC早得) 17,520円 2,510円
高速バス(ウイラー基準) 7,000円 13,030円

仙台名古屋間を移動する場合、基本的に新幹線を選ぶことになります。一応高速バスもあります。選ぶのはちょっと勇気が要るけど、安さは魅力。帰りなら選んでもいいかな。あと飛行機もあるけど、空港までのアクセスとか待ち時間とかを考えると新幹線よりも遅いです。しかも高い。

新幹線の中でも微妙に色々と料金がありますが、あまり凝ったことをしてもメリットは薄いです。まずその辺を書いてみましょう。

新幹線 通常の切符

通常の切符で買う場合、な~んにも気にする必要はありません。ふつーに窓口で買えばOK。

新幹線 えきねっとトクだ値+EX-IC

JR東日本のインターネット値引きといえば「えきねっとトクだ値」。普通に東京名古屋間を買うのに比べ、1030円安く新幹線に乗れます。

さらに、東海道新幹線といえばEX-IC。入会すると、仙台~東京の場合は980円安く新幹線に乗れます。

ただ、ココが重要なのですが、えきねっとトクだ値の場合は東京から先の経路まで一緒に買うことができず、経路を一旦切って、東京から改めて別の切符を買うことになります。JRの場合、経路が長くなればなるほどキロあたりの料金は下がっていきます。つまり、途中で経路を切ってしまうのは損なのです。実際に上記の通り、えきねっとトクだ値とEX-ICを併用して買った場合、通常の切符よりも高い料金が必要になってしまいます。選ぶ価値なし。

新幹線 えきねっとお先にトクだ値+EX-IC早得

JR東日本のえきねっとには早期予約割引、「お先にトクだ値」があります。結構割引が効いて、3250円お得。EX-ICにも、3日以上前に予約した場合は更に安くなる列車があります。だいたい4本に1本くらいかな。「EX-IC早得」という名前です。紙の切符と比べると1320円お得。合計すると運賃は17520円で、紙の切符よりも2510円お得になります。

高速バス

そして、出ました高速バス。高速バスは安くて遅くて辛いと思っているあなた!今の高速バスは進化しています。やはり渋滞等に弱いのは否めませんが、乗り心地はかなり良くなってます。

高速バスなら、私としては断然ウイラートラベルの高速バスiconを推します。ウイラー・ニュープレミアムウイラー・リラックスシリーズは最強です。その他でも3列シートなども充実しているので見てみると良いでしょう。タイムテーブルとしては、仙台を21時~22時頃出て名古屋着は朝7時頃です。

また、行きでは高速バスは選びづらいかもしれませんが、帰りなら選びやすいんじゃないでしょうか。仕事が終わった後、日本有数の歓楽街である名古屋栄の夜を思う存分味わいたいなら、ウイラートラベルiconを使えば新幹線で帰るよりも遅くまで名古屋に滞在することができます。今見たところでは、名古屋発は21時半でした。新幹線で帰るなら、仙台駅への終電に間に合うには19時53分の新幹線に乗らなきゃいけません。この差は大きいっしょ。

さらに、翌朝早く仙台駅に着くので、そのまま出社して面倒な出張の報告書を静かな早朝の社内で作ることも出来ます。

しかも、高速バスは安いです。上記表の通り、13000円くらい安いんですよ。これは大きなメリットです。

気が向いたら、楽天トラベルの高速バスのページを見てみるのも良いでしょう。たぶん、ウイラーの良さを感じることができると思います。

宿探し

宿をお探しの方は、是非姉妹サイトであるshuccho.jp(出張ドットジェーピー)の名古屋駅周辺チェーンホテル検索を使ってみて下さい。名古屋駅周辺のみならず、全国のチェーン展開しているホテルを地図上で一覧することが出来ます。